浜松市アサギ動物病院ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 猫の救急 尿閉

<<   作成日時 : 2018/09/24 22:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今の時期の救急に多い症例が猫の尿閉。
今年は異常に多い気がする…

尿道に細いサイズのカテーテルを挿入して詰まりを解除したところ

画像
パンパンになっている膀胱から尿を抜いています。注射器の中の尿はまだ黄色い。時には血が混ざって真っ赤な尿になっている時もあります。

画像
尿をそこそこ抜いたら洗浄します。



猫の飼い主さんは排尿を必ず確認して下さいね





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
猫の救急 尿閉 浜松市アサギ動物病院ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる